ブログ

FP情報 「ツールを使いこなす」④

昨日はお休みしましたが、

手帳には早見機能を、ノートは時系列の情報記録

手帳に入れる情報で最も有効なものは、

仕事に必要な「人員表」や「単価表」「チームの分担表」など、

しょっちゅう見る必要があるものを一目でわかるようにしたい「早見表」です。

自分に必要な情報を自分で作って手帳に入れておくことで、

パソコンを開いて検索する時間を節約でき、仕事の効率は必ずアップ

します。自分で作るひと手間が大事です。

手帳のほかに、分野を問わずあらゆる打ち合わせで使う

「打ち合わせノート」と、いつでもどこでもアイディアが浮かんだときに

書き込める「メモ帳」があるといいでしょう。

「メモ帳」は、携帯電話や携帯PCでも代用できます。

「打ち合わせノート」は、ジャンルや項目を問わず、

時系列で記録していきます。

ノートにノンブルをふって目次を作るひと手間をかけておくと、

時間がたっても検索が簡単になります。

さらに、項目ごとにノートの必要なページだけをコピーして

ファイリングする2本立てにしておくといいでしょう。

また、記入したメモや打ち合わせ記録は、

ポストイットやラベルを貼る、3色ボールペンやマーカーで

色分けするなど、“見える化”を図りましょう。

手を動かすことで、記憶がより鮮明になります。

アイデアに行き詰まったときはツールを替えることも効果的です。

ツールは主体的に使いこなすものということを忘れず、

自分流の手帳術を編み出してください。

明日もあなた様に

全ての良き事が雪崩の如く起きます

このサイトを広める

無料相談 保険で悩まれている方はまずご相談ください! 無料見積り・保険相談は下記からお問い合わせください。

このサイトを広める