ブログ

「道をひらく」より

心の鏡

自身の身なりを正すためには、人はまず鏡の前に立つ。

鏡は正直である。

ありのままの姿を、ありのままにこそ映し出す。

自分のネクタイは曲がってないと、

がんこに言い張る人でも、鏡の前に立てば、

その曲直は一目りょうぜんである。

だから人は、その誤ちをみとめ、これを直す。

身なりは鏡で正せるとしても、

心のゆがみまでも映し出しはしない。

だから人はとかく、自分のふるまいの誤りが自覚しにくい。

心の鏡がないのだから、ムリもないといえばそれまでだが、

けれど求める心、謙虚な心さえあれば、心の鏡は随所にある。

自分の周囲にある物、いる人、これすべて、

わが心の反映である。わが心の鏡である。

すべての物がわが心を映し、すべての人が、

わが心につながっているのである。

古の聖賢は「まず自分の目から梁を取りのけよ」と教えた。

もう少し、周囲をよく見たい。

もうすこし、周囲の人の声に耳を傾けたい。

この謙虚な心、素直な心があれば、

人も物もみなわが心の鏡として、自分の考え、

自分のふるまいの正邪が、

そこにありのままに 映し出されてくるであろう。

松下幸之助さんの「道をひらく」いいです。

機会があれば是非読んでみて下さい。

明日もあなた様に

全ての良き事が雪崩の如く起きます

このサイトを広める

無料相談 保険で悩まれている方はまずご相談ください! 無料見積り・保険相談は下記からお問い合わせください。

このサイトを広める