ブログ

畜産ガール ~命を学んだ365日~

本日は西条農業高等学校同窓会の理事会に出席しました。

そこで5月4日に放送された「 畜産ガール 」の映像を観せて頂きました。

家畜の命と直に向き合う「 畜産ガール 」

開校100年を超え、かつては「天下三大農学校」の一つにあげられた伝統校。

その畜産科で近年ちょっとした異変が起きている。

それは女子生徒の増加・・・

いわゆる「 畜産ガール 」

かつては男子がほとんどを占めていた科です。

「 ペットが好きだから 」

「 動物の飼育員にでもなれればいいかな 」

そんな簡単な理由で畜産科に入学してくる女子生徒達。

しかし畜産科の実習授業は衝撃の連続です ・・・

入学して間もない5月には、ふ化したばかりの鶏の雛を解剖。

さらに冬には自分たちで成鶏に育てた鶏も自ら殺める。

動物を自ら殺めることなどしたことのない15歳や16歳が家畜の命と直に向き合い、

入学時には曖昧だった目的が明確になっていく生徒の成長と

それを支える教師と学校の一年を追ったものでした。

とても感動しました。

これまで以上に西農の素晴らしさを感じた気がします。

明日もあなた様に

すべての良き事が雪崩のごとく起きます

このサイトを広める

無料相談 保険で悩まれている方はまずご相談ください! 無料見積り・保険相談は下記からお問い合わせください。

このサイトを広める