ブログ

グリーン・リテラシーを高めよう

地球温暖化防止のために、個人個人が環境への負担を

見抜いて選択する判断力「グリーン・リテラシー」を高め、

行動していく必要があります。

生物多様性の保全に向けて私たちができること

3つのレベルの多様性

生物多様性という言葉を聞いたとき、どのようなイメージが浮かびますか?

こう尋ねると多くの場合、

「いろいろな種類の生き物がいること」

という答えが返ってきます。

動物園や水族館、植物園 そして生き物図鑑のイラストのように、

「様々な生き物がいる状態」は目にも見えるし、分かりやすく、

想像もしやすいです。もちろん「様々な種類の生き物がいること」

も生物多様性の大事な側面の一つではありますが、

それがすべてではありません。

では、生物多様性とは何でしょうか?

よく引用されるのは「生物の多様性に関する条約(生物多様性条約)」

に示されている定義です。

条約では、生物多様性とは「すべての生物の間の変異性をいうものとし、

種内の多様性、種間の多様性及び生態系の多様性を含む」

と定義されています。

つまり「様々な生態系に、様々な遺伝子を有して生きている」という、

この3つのレベルのすべてにおける多様性を考えることが大切です。

つづく

明日もあなた様に

全ての良き事が雪崩の如く起きます

このサイトを広める

無料相談 保険で悩まれている方はまずご相談ください! 無料見積り・保険相談は下記からお問い合わせください。

このサイトを広める