ブログ

FP情報「組織の中の時間管理」⑤

目標を見失うと本末転倒になる

組織人の時間管理は、一見するとがんじがらめのなかで行われ

なければならないようですが、個人の時間管理と比較すると、

とても恵まれています。

個人なら

1.本業の業務

2.営業活動

3.管理事務

4.自己投資

のすべてを、一定の時間内に行わなければなりません。

組織人なら、営業は営業部門が、管理事務は管理部門が、

自己投資も研修や勉強会などを用意してもらえますから、

本業だけに専念できます。

その分、社内コンセンサスを取る時間や上司のマネジメントスタイルを

理解する努力が必要となってくるわけです。

自分の所属する組織がどんな組織かを知って、

1+1=10にもなる組織力を活かす時間管理を行って欲しいと思います。

時間管理は、組織の強みを活かすために行うものです。

この目的を見失うと、社内ルール至上主義に陥ったり、

成果が見えにくくミスは見えやすい、

部署間の調整が面倒など、組織のマイナス面ばかりが目に付く

ようになり、チャレンジ意欲が低下してしまいます。

多機能な組織の強みをより発揮することを目標にした時間管理を

心がけたいですね。

明日もあなた様に

全ての良き事が雪崩の如く起きます

このサイトを広める

無料相談 保険で悩まれている方はまずご相談ください! 無料見積り・保険相談は下記からお問い合わせください。

このサイトを広める