ブログ

行動習慣

ストレスをためる人とためない人の違い

 

ストレスをためる人は、仕事や勉強をいつも後回しにしている。

後回しは、楽に思えます。

楽に思えるから、ほとんどの人が、面倒なことは後回しにしてストレスを回避しようとします。

ストレスをため込む人は、ストレスとの上手な付き合い方だと、勘違いしています。

本当は、後回しにすればするほど、ストレスがたまっていくという事実があるのです。

  • 「まだやっていないのか」
  • 「今まで何をやっていたんだ」
  • 「早くしろ」

ぐずぐずしていたばかりに叱られたことはありませんか?

後回しにすることは、他人からの評価が下がり、叱られたり叱られたりします。

結果ストレスが大きくなってしまうのです。

一時的にストレスから逃れることはできても、ためた分のストレスの波が、後から押し寄せてきます。

はじめにあったストレスが倍以上に大きくなって返ってきます。

だからストレスをためる人は、いつも「 後回しにする 」という効率の悪い習慣が癖になっています。

嫌な仕事、面倒なことほど「 今すぐ 」に行うことがストレスを少しでも小さくさせる工夫です。

早く終わらせれば、早く忘れることができます。

後回しにしていると「 やらないといけない 」と頭の中で、何度も反復しなければならなくなり、

それが疲れに変わります。

「 今すぐ 」という習慣は、行動が早いだけでなく、人からの評価も高くなります。

  • 「あの人は、言われたことはすぐやるタイプだ」
  • 「あの人は、行動力がある」
  • 「スピーがある」

仕事が速くなるだけでなく、評価も高くなります。

ストレスとの上手な付き合い方は「 今すぐ 」という行動習慣なのです。

確かにその通りです !

「 今すぐ 」の行動習慣を心がたいですね。

 

明日もあなた様に

すべての良き事が雪崩のごとく起きます

このサイトを広める

無料相談 保険で悩まれている方はまずご相談ください! 無料見積り・保険相談は下記からお問い合わせください。

このサイトを広める