ブログ

心無い事件に腹がたちました

盲導犬が刺されるという心無い事件の記事を読んで悲しくなりました。

記事の内容は、

視覚に障害を持つ人をサポートして歩く盲導犬。

埼玉県に住むオスカーもある全盲の男性のパートナーとして生活していました。

7月28日、この盲導犬オスカーが心ない人に刺される事件が起きました。

盲導犬達は訓練により人に対して攻撃をすることはもちろんの事、

声を上げることもほぼありません。

その為、オスカーが刺されたことに男性は気づくことが出来ませんでした。

しばらく時間が経った後、、オスカーの体から流れる血が抜け毛防止の服を赤く染めた時、

人に告げられて男性は初めてオスカーが襲われていた事に気づきました。

オスカーの体にはフォークで付けられたような5ミリ程度の傷が4箇所、

深さ1センチほどの穴があいていました。

傷は服の下にあり、服には傷がついていなことからも事故ではなく、

悪意のある人が服をめくって傷をつけたことは明らかです。

まだ犯人は捕まっていません。

そして今後犯人が捕まったとしても現在の法律では器物損壊罪としてしか

罪に問うことは出来ないそうです。

今回のような事件とまでは行かなくても、盲導犬が心無い人に襲われる事は多々あるそうです。

見えない人と、抵抗しない犬を狙ったこのような行為は決して許されるものではありません。
いま直ぐ私達にできることは、盲導犬を連れた人を見かけたらいつもよりも少し注意して見守ること。

オスカーは現在傷はほぼふさがったとのことです。

そして、ハーネスを外して仕事がお休みの時には人間に甘えてきてくれるそうです。

本当によかったと思います。

明日もあなた様に

すべての良き事が雪崩のごとく起きます

このサイトを広める

無料相談 保険で悩まれている方はまずご相談ください! 無料見積り・保険相談は下記からお問い合わせください。

このサイトを広める